読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「われ敗れたり」を読んだ

故・米長永世棋聖の「われ敗れたり」を本屋で立ち読みしてて首が痛くなってきたので衝動買いしました. 電王戦でボンクラーズに敗れた話がまとめられています. 将棋の棚にあったけど情報系の読み物としても十分おもしろいなぁと思いました(確かに将棋のルール知らないと一部読めない所もあるけど).

あの対局の中で,策のポイントみたいなものが3つ紹介されていました. それについては本のネタバレなので明かせないですが, 計算機知能の本質的な弱点なのかなと思い,深いと思いました.

あとは企画の話とか勝負師的な面とかメディアについてとか. ここまでで文庫本4冊分ぐらいの価値があると思います. それに棋士と開発者のインタビューが載ってる.

技術書ばっかりで脳が凝り固まってしまった気分だったので買って良かった.